新着記事一覧

更新・相続に関する相談先としては、どの専門家(士業)に依頼するべきですか?


★相続に関する相談先としては、どの専門家(士業)に依頼するべきですか?


相続の前後に際し相談や依頼をする専門家としては、税理士、司法書士、弁護士、行政書士ら4士業の専門家がいます。この他にも自称・相続コンサルタント等、国家資格ではない民間資格まで加えると相談先はさらに広がります。国家資格である税理士ら各士業の業務範囲について、各専門家ごとに出来る事と出来ない事をひと目で分かるよう一覧表にまとめてみました。

ご相談、相続税なら [名古屋 柳和弘税理士事務所]

★相続が発生。 でも、意味も用語も難しくてよく分からない?

悩む老人.jpg

  • 税務署から「お尋ね」が届きましたけど・・・
  • 遺産分割協議?、なんとなく意味は分かるけど・・・
  • 相続と聞くと税金のことも気になるけど・・・

◎初回無料相談を実施しています。 

 

★ひと目で分かる相続手続きの流れ 


家族笑顔.jpg 

 

  • 何から手を付けたら良いのかが分からない
  • いつまでに何をする必要があるのかも分からない?
  • 税金だけに限らず、将来のために手続と流れも勉強しておきたい

 

≫≫≫ ひと目で分かる相続手続の流れについては、こちらから


◎初回無料相談を実施しています。

  • まずは一度相談にのってもらいたい
  • 息子に現金を贈与したので贈与税の申告をお願いしたい
  • 公正証書遺言を作りたいと思っている

 

≫≫≫ 相談のご予約はこちらから


★税金について

  • 既に相続についてのイロハは勉強した
  • 自分なりに計算してみたら、なんとなく税金が出そうだ
  • 将来において相続税の支払で頭を悩ましそうだ
  • どの専門家に相談すればよいのか分からない?

≫≫≫ 相続税の税額目安表については、こちらから


★お役立ち情報 

  • 名古屋市周辺で相続に詳しい専門家の探し方
  • 手続きや申告を依頼する税理士の選び方

 

≫≫≫ 専門家の探し方、選び方については、こちらから


★税理士が中心となって問題の解決に向き合います

相続サポート名古屋・バナー1.jpg

では何故、名古屋に多数ある税理士事務所の中から、私どもをお選び頂いているのか?

その理由は・・・

 

≫≫≫ 相続税申告の安心パックについては、こちらから



★相続セミナー・講師派遣・個別相談会

WEB用相続セミナー案内チラシh25103.JPG

  • そろそろ遺言でも書こうかと思っている
  • 息子が家を建てる際にお金を援助したいと思っている
  • 社内や組合での勉強会で適当な題材がないか探している

 

≫≫≫ セミナー開催、個別相談会については、こちらから


★司法書士、弁護士ら専門家との連係プレー

お客様のご希望があれば、司法書士、弁護士、行政書士など提携する各専門家への依頼も可能です。お客様のお手間を少しでも減らすために窓口の一本化をはかり、ワンストップサービスを実践しています。


★相続、税金でお悩みなら、まずはご連絡ください

配偶者の税額軽減や小規模宅地の特例など、難解ですが正しく理解し期限内までに申告すれば、相続税の負担が0円となる場合も多いです。贈与税は贈与のあった翌年の確定申告末日まで。また、相続税は相続開始のあったことを知った日から10か月以内に税務署への申告が必要です。どうぞお1人で抱え込まず、身近な税理士までご連絡ください。


北図書館入口ポスター.jpg

サラリーマンのお客様向け・相続税申告のご案内 [名古屋 相続サポート名古屋]

サラリーマンのお客様からの声にお応えいたします

これまでも税理士や司法書士、弁護士など相談先の専門家をお持ちでみえないお客様から、多くのご相談、ご依頼を頂いてまいりました。ありがとうございます。


特徴1 平日夜間や土曜、日曜日でのご相談も可能
時間の取れない忙しい平日の昼間をさけ、平日夜間や土曜、日曜日でのご相談も可能です。但し事前予約が必要です。


特徴2 特別値引き3万円

相続税申告書作成・提出など税理士へ支払う報酬(費用)を特別に3万円値引き。
但し下記条件のすべてを満たしているお客様に限ります。


条件

遺産の総額が2億円以下である事
被相続人(亡くなられた方)、もしくは相続人(ご依頼される方)が、サラリーマンである事
すでに遺産分割協議が終了し、相続人間において争いがない事
相続税の申告期限までに7ヶ月以上の日数がある事
土地の利用は1区分のみ。また、評価計算を必要とする非上場株式がない事
被相続人(亡くなられた方)と相続人(ご依頼される方)との両者間において、過去に贈与行為がない事
税務判断が難しく、税務署との確認や特別な評価計算等の事情がない事


下記のお問合せはこちらボタンから、お気軽にお問い合わせください。

お客様の声を追加しました。名古屋市北区のお客様

★お客様の声を追加しました。

この度は無事、相続税の申告が終わりましたこと、まずもって感謝いたします。返信頂きました感想が届きましたので「お客様の声」に追加させて頂きました。貴重なご意見をありがとうございます。

名古屋市北区のK様、ありがとうございました。

img305縮.jpg

相続税、贈与税の申告でお手伝いさせて頂きました、沢山のお客様の声は下記のページをご覧ください。

公正証書遺言の作成・相談・証人立会い代行

★公正証書での遺言を残したいとお考えのお客様


公正証書遺言とは、法務大臣が任命した公証人が作成する「遺言書」のことを意味します。遺言書の原本は公証役場に保存されるので、紛失や偽造、変造などの心配はありません。


20150130_094044.jpg



短所

・公証人は内容の相談に応じてくれない。
・公証人への認証手数料や税理士等への原案作成に費用がかかる。
・証人2名が必要となる。
・証人の立ち合いが必要なので遺言内容を完全秘密にはできない。


長所
・家庭裁判所における遺言書の検認手続が必要ない
・原本が公証役場に保管されるので、紛失や偽造の心配がない
・法律の専門家である公証人が作成するので、遺言書が無効になるおそれがない。
 


公正証書による遺言作成には時間・手間・費用がかかります。それでも、ご自身で作られる「自筆証書遺言」と比べて相続発生後のトラブルを事前に大きく予防しておくが可能となります。作成までの時間や費用は必要ですが公正証書での作成をお勧めいたします。
遺言の原案作成、公証役場への証人立会いのお手伝いも可能です。どうぞお気軽にご相談ください。



★公正証書遺言の作成の流れ

まずはお気軽にお問い合わせください。

1 打ち合わせ

家族構成や所有する財産の状況、財産をどのように分割したいか等をお聞きいたします。



2 相続人の確認
相続人になる人が誰かを知る必要があります。遺言書をつくる時点で推定相続人の確認を行います。
戸籍謄本や除籍謄本などで確認します。




3 相続財産の確認

遺言書を作成する時点で所有する財産の確認をします。
預貯金や株式・投資信託、土地や建物など不動産の現況を確認します。預金通帳、登記事項証明書、固定資産税評価証明書などで確認します。




4 遺言書の原案作成

上記の確認事項を踏まえて、遺言者のご意志にそった原案を作成し内容を確認して頂きます。




5 公証人との打ち合わせ

遺言者に代わって公証役場と原案の確認や作成日の日程調整を行います。




6 遺言書の完成

遺言書の作成当日は公証役場に遺言者と同行させて頂きます。証人2名が見つからない場合には、私ども事務所から2名が同行いたします。作成された遺言書を公証人が読み上げ遺言者が内容を確認して、間違いがなければ署名押印をします。



★公正証書遺言作成に必要な書類
 
ご相談時には全て揃っていなくても問題ありません。実際に公証役場で遺言を作成する際には必ず必要となります。


・遺言者の印鑑証明書(6ヶ月以内)
・遺言者の住民票
・相続人を受取人にする場合、遺言者と相続人との続柄が分かる戸籍謄本
・相続人以外の人に遺贈する場合には、その人の住民票
・相続財産が不動産の場合は、土地・建物の登記簿謄本及び固定資産評価証明書
・相続財産が預貯金・証券の場合は、銀行名・口座番号・会社名等を記載した書面
・相続財産が債務の場合は、債務にかかる契約書(借用書など)
・遺言者の実印


ご参考用
・証人2人の認印(シャチハタ不可)
・証人2人の住所・氏名・生年月日・職業の分かる書面
・遺言執行者を指定する場合には、執行者の住所・氏名・生年月日・職業の分かる書面

 

★遺言作成の代行費用


公正証書遺言(証人2名分の日当を含みます) 70,000円〜
別途、公証役場所定の手数料が必要です。




自筆証書遺言 30,000円〜

お問合せフォーム(推奨)、もしくはお電話からご連絡ください。



▼▼お電話でのお問い合わせはこちらまで▼▼

TEL 052-912-0012


受付時間 9時〜18時(土日祝祭日は除きます)

担当者 柳和久(やなぎかずひさ)


お問い合わせ [名古屋 柳和弘税理士事務所]

縺雁撫縺蜷医o縺.jpg相続手続き、相続税の申告に関するご相談やご不安、初回無料相談へのお申し込みなどがございましたら、お電話かお問合せフォームからご連絡下さい。
なお、聞き間違い防止の為、フォームからのご相談を優先させて頂きます。


・相続税が気になるので一度試算をお願いしたい。

・相続が発生したので手続きを教えてほしい。

・税務署から「お尋ね」が届きましたが書き方が分かりません。

・会社に顧問の税理士はいるが別の人に頼みたい。

・税理士に申告の依頼をすると費用(料金)はどの程度かかるのか知りたい。

・息子に現金を贈与したので贈与税の申告をお願いしたい。

・相続時精算課税を使ってみたい。

・公正証書遺言を作りたいと思っている。 

 

とにかく、まずは一度相談にのってもらいたい了解いたしました。 

秘密厳守、初回のご相談は無料です。

▼▼お電話でのお問い合わせはこちらまで▼▼

TEL 052-912-0012


受付時間 9時〜18時(土日祝祭日は除きます)

担当者 柳和久(やなぎかずひさ)


お問合せフォーム(推奨)、もしくはお電話からご連絡ください。

お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
ご住所

(例:豊島区東池袋1-1-1)
お電話番号(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
ご相談内容(必須)
贈与税
相続税
その他の税金
顧問・業務依頼
料金見積
相続一般
その他の相談
ご希望の連絡法(必須)
電話にて
メールにて
どちらでも可
ご質問はこちらへどうぞ(必須)
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

   相続税対策ナビ

初回面談、業務請負後の対応について。よくある質問に追加しました

最近、お客様よりご質問のありました項目について2点ほど追加いたしました。
初回面談に関わるもの、業務請負後の対応についてのご質問と回答となります。
表示ホームページ 相続サポート名古屋「よくある質問 Q&A」
http://souzoku.yanagikaikei.jp/category/1397810.html