新着記事一覧

2017年(平成29年)贈与税の確定申告について


★贈与税の確定申告とは?


贈与税の申告とは、1月1日から12月31日までの1年間に個人から財産の贈与を受けた方の内で、贈与税を納める必要がある方が行う税務署への書類提出と納税手続きの事を指します。


01-1[1].png


2017年(平成29年)の確定申告の申告時期は?

所得税と同じ期間となります。2017年2月15日(水)〜2017年3月15日(水)です。



贈与税の納付期限は?

申告期限日とおなじで2017年3月15日(水)です。納付期限を過ぎると本来の贈与税に加えて、延滞税や加算税等の税金を納める必要が出ますので期限内納付を心掛けてください。



贈与税申告書の提出先は?

贈与税の申告書は、財産をもらった人(受贈者)のご住所を所轄する税務署に提出してください。


柳会計・名古屋北税務署正面電柱.jpg




贈与税の申告が必要な方は下記(1)から(4)に当てはまる方です。

(1)平成28年中に110万円を超える財産の贈与を受けた方

(2)財産の贈与を受け、配偶者控除の特例制度を適用する方 

(3)財産の贈与を受け、相続時精算課税制度を適用する方 


(4)財産の贈与を受け、住宅取得等資金の非課税制度を適用する方




税理士からのワンポイント

親から子への単純な現金贈与などの場合には、計算は簡単ですから申告書作成は納税者ご本人で作成する事は可能です。

但し、贈与財産が現金以外の場合や配偶者控除の特例、住宅取得等資金の非課税制度の適用を行う場合には、評価額の計算や特例適用の有無など専門知識が必要となりますので、税理士に依頼した方が安心で確実です。


柳会計イメージ画像緑色

確定申告の繁忙期中ですので、申し訳ありませんが知恵袋的なご相談には応対しておりません。贈与税の申告が必要な場合には、どうぞ柳和弘税理士事務所までご遠慮なくご連絡ください。

 052-912-0012